♡ Welcome ♡

Author:みゅ
CDやゲームの感想・グッズ紹介等々...
乙女向け記事専用ブログ。
* * *
プロフ絵 ⇒ 作*まめ様
* * *

*注意*
『ネタバレ記事が満載です』
◆感想は全て内容・スチル等のネタバレです。
◆その他記事もネタバレを含む場合が御座いますので、ネタバレNGな方は閲覧を控える事をお勧め致します。
◆絵文字や顔文字『w』等も使用しております。

ちなみに各主人公は高確率でデフォルト名表記してます。
以上をご了承の上、お楽しみ下さいませ(*'∀'人)♥*+

♡ Visitors ♡

♡ New ♡

♡ Category ♡

♡ Monthly ♡

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♡ ランキング参加中 ♡

NORN9ノルン+ノネットヴァールコモンズ【市ノ瀬千里】感想

Category : VAR COMMONS
主人公が好みなので、続けてやっちゃいます♡

※内容・スチル等のネタバレがあります。

Route 市ノ瀬千里 感想
攻略◆2人目

オトパでちろっと見かけた千里くん。
弱気で根暗で引きこもりですが・・・


い、意外と男前でした!!!!!!

後半の変貌っぷり半端ない!
それでいて根本的な性格は最後まで変わらないところがとても良かったです。

あ、あと私ボソボソ喋る系駄目じゃね?って思ってたけど
全然大丈夫でした。むしろ可愛かった。
考えてみればアズサくん大好きなんだから無問題でしたwwwww


ペアになったはいいけれど、再び引きこもろうとする千里くん。
そんな千里くんの部屋のドアを、暁人が破壊Σ(゚д゚lll).

行き場がなくなった千里は、こはるの部屋にお邪魔していたらまさかの寝落ちしてしまうんですね。
で、起きた時は『女性の部屋に泊まるなんて・・・』と罪悪感でいっぱいwww
そんな事気にする辺り、随分紳士的・・・
っていうか『女の子』ってものに一際壁がありそうだな\(^o^)/


徐々に『こはるの役に立てない自分』と他の人を比べる様になります。
『こういう時、結賀さんなら・・・』『遠矢さんなら・・・』と葛藤する千里くん。

余談ですが、名字で呼ばれると誰の事か分からないwwww
一々調べてました\(^o^)/←

重い荷物をもってあげられないのも嫌みたいですね。
正直頼りない男を見るとイライラしちゃうタイプなんですが、千里くんはイライラしませんでした。
ってか、頼りなくないもんね、千里くん。
意志がハッキリしてて、それをちゃんと主張してくれるから十分頼りになるよ。

適材適所って言葉がありますもんね。
力では正宗たちに勝てなくても、千里くんには千里くんの魅力が沢山あります\(^o^)/



前ルートと同じく、夢物語イベントもありました。
あれって全キャラ共通なのかな?

配役は、
こはる⇒白雪姫・深琴⇒シンデレラ・七海⇒赤ずきんちゃん
毒りんご(そのものw)⇒駆・王子様⇒正宗・暁人⇒狼

千里くんはというと・・・

残念なヒヨコ

何が起きても『ピィ!』しか喋れません。
こはるはというと、夢物語に誘導した張本人(一月)に『愛の言葉しか紡げなくしたよ』と言われ、声が出なくなってしまいました!
何も喋れないこはると、何も伝えられない役に立てない千里くん。


でも、心の中で呼ぶと、ちゃんと出てきてくれました。
そして『喋れなくても、貴女の(考えてる)ことは分かります』(;ω;`)ブワッ

ほら、頼りないなんて嘘じゃんか!
以心伝心的に気持ちを汲み取ってくれる辺りにもうね、感動したよね。
そして一気に【推しキャラランキング】のトップに躍り出たよねw

夢物語の途中でこはるに触れた駆(偽物)や、『守ってあげるから城においで』って誘拐wしようとした正宗(偽物)に対して
『守ってあげるから城に来いだなんて、新手の結婚詐欺かと思いました』『あんな風に貴女に触れるなんてズルいんですよ』と、ボソボソ嫉妬心剥き出しw

『僕だって、貴女に触れたいんです・・・』

せ、千里くん・・・・・・
天使だったんですね(;ω;)ブワッ
あ、気付いてまs(

ってか千里くん。
触れるって、それか。それで良いのか!w
本当に"触れる"だけなんですね!純粋!(*>o<)💛



夢物語から覚めて、お互い変化が現れました。
千里と深琴が話しているところを見て、嫌な気持ちになるこはる。
そんなドロドロした気持ちになる自分が嫌で、千里から逃げて・・・。


『なんで逃げるんですか?』って、ついに追いつめられました。

ここで千里はストレートに『貴女が好きです』って告白します。
でもこはるは、"好き"が良くわかりません。
色々な事を知らないこはるは、お伽話で見た『好きとは、綺麗な気持ち』という知識と自分のドロドロした気持ちを比べて、自分のこれは"好き"なの?と、混乱します。

『僕の"好き"は一つです』

『こんなことするの、貴女にだけですから』
『この意味考えておいてください』

なんか課題出た!\(^o^)/w
ここら辺ストレートな男前ですね!グイグイ来ますね!
弱気根暗引きこもりどこいった( ^ω^)!w

いやいやいや、根本は変わっていません。
千里くんは最初から意志がハッキリしてるし、ちょいちょいそれを出していました。ボソボソとねw
今それをストレートにぶつけられる様になったんですね。
ボソボソは可愛いしストレートは男前だし、どちらの千里くんも良い\(^o^)/!

そうこうしているうちに、次の街に到着。
今回は紛争が激しく危険な地域なんだとか。
千里にキス(実はほっぺだった・・・!)された事が頭から離れず、ぼーっとしてしまうこはるは"そんな状態じゃ危ないから"と一人船に残されることになりました。
船に残ったこはるですが、皆の帰りが遅くて心配になり、一人船から降りてしまいます。

と、そこには何故か『旅人さん』の姿が!!!

言われるがままに近くの街へ着いて行き、能力を使ってしまいます。
こはるは、火の能力。
その能力のせいで昔周りの人達から恐れられ、軽蔑されて来ました。
それがトラウマのこはるでしたが、ここで"自分の能力を有り難く思われる"体験をします。

しかし、これは『旅人さん』もとい『結賀史狼』の企みでした。
何も知らずに船に戻ったこはる。
その後『世界側の人間』として紛争に参加する事となりますが、実は先ほど"自分の能力を有り難いと言ってくれた"人達は、今回の敵・・・『世界に敵対する人間』だったのです。
史狼はそれを知ってて、能力を使わせたんですね。

先ほど能力で自分たちを助けたこはるを見て、『世界の敵』は、こはるを"味方"だと主張。
それを見た『世界側の人間』は、こはるを疑うようになりました。
確かに悪い人達じゃなかった『世界の敵』の人たち。でも、『世界』から見ると、悪い人達・・・?
混乱するこはる。
そんなこはるを心配する千里ですが、『一人にして欲しい』と言われ、一瞬、こはるを一人きりにしてしまいました。

そこへ現れた結賀史狼!
『お前の能力を認めているのは、私だけだ』と言い、こはるに嘘を吹き込み、連れ去ってしまいました。



千里達は、一度船に戻りました。
そこへ夏彦とアイオンが現れます。
そこで行われた、能力の存在意義『リセット』の話。
そして『結賀史狼』が、こはるを使ってやろうとしている事。

千里は『自分が助けに行く』と名乗り出ました。
千里の能力が弱いのは、実は二つに分けてあったからなんだとか。
"水の能力"は、一人で担うには重すぎるものだったそうです。
水の能力を所持しているもう一人、それは暁人でした。
暁人は千里の気持ちを聞き、千里に能力を移します。

千里くんが自分から動こうとするなんて・・・!!なんという成長!!(;ω;)ブワッ
『僕は・・・あの人の手を離さない自信があります。僕に行かせてください・・・こはるさんのこと・・・人任せにしたくないんです』
涙ちょちょぎれました(ノД`)ヨヨヨ・・・

そこまで言い切って、暁人に能力を貰って、いざ出発!
という所で"夏彦と二人きりで行く!?"という事に気づき、やっぱり怯える千里くんでしたw
そこら辺は千里くんらしくて安心しますねw

果たして、千里はこはるを連れ戻せるのか・・・・・・・ここで各エンドへ!


◆ハッピーエンド◆

国を燃やす前にこはるの元へ到着した千里。
しかしその場で二人は敵対します。
お互い能力を使い、疲れてきた千里ですが・・・

『確かに僕は・・・貴女には敵いません。もうヘトヘトで死にそうです』
『でも、僕だけなんですよ。この世で水の力を持ってるのは』
『僕は貴女に勝ちたいから、力を得たんじゃない。貴女を傷つける気もないし、誰かと戦うつもりもありません』
『僕らは・・・戦争の為に生まれたわけじゃないんですから』
『ただこの力で、一分でも一秒でも貴女を止めることが出来ればいい。その時間で、貴女を抱きしめる。・・・もう離しませんから』

"戦わない"一番素敵な答えですね。
千里は最初から、こうすると決めていたのでしょうね。
最終的に"戦わない"という選択が出来る人、私は一番大好きです。


『ねぇ、帰りましょう。うんって言ってくれなかったら、呪いますよ』

"呪いますよ"って辺りが、千里らしいですね。
チュー・・・・・・・・しようとした所で!夏彦の飛行機到着!
タイミングwwwwwwwww

飛行機に乗り込んですぐ、追手が来ます。
『能力でなんとかしろ!』と言う夏彦に対して、千里『嫌です。能力は、彼女を守る為だけに使います』と言い切った!
しかも『あれ?もしかして、操縦に自信ないんですか?』と一言wwww
正宗が間に入ってなんとか落ち着きましたがw千里くんも頑固ですね~!

『僕わかったんです。別に弱くても、臆病のままでもいい』
『大切なものを守る為だけに戦えば、・・・・・・それで十分なんです』
『弱いまま、臆病なままでいましょう。そうすれば・・・・たとえ能力を持ったままでも、僕らは自由に生きられる』

弱い自分は、そのままでいい。
自分の弱さを受け入れた瞬間ですね!!
そうそう。変わろうとしなくていいんです。
弱い自分も、臆病な自分も、"駄目"だって思わなくていい。
そういうところもひっくるめての『自分』なのだから。

背伸びしない、等身大な人でありたいものですね。
最後まで『素直な自分』でいてくれて、安心しました。



船に戻ると、密かに"木彫りのうさちゃん"を沢山作ってくれていました。
最初の頃にこはるが『いつか見せて下さい』って言ったんですよね。
個人的にはうさちゃんもいいですが、怨念を込めて彫られた何かの方が気になりますwww

◆バッドエンド◆

千里が到着した時には既に、国を燃やし始めていました。
こはるを説得する千里ですが、『こはるは既に罪人になってしまった』と史狼。
途方に暮れる二人は、史狼に囚われてしまうのでした。



あれ?綺麗なスチル・・・!
てっきり誰かさんの様に"本人に突き放される"バッドエンドを想像していたので・・・
これはこれで、嫌いじゃないです。
一緒にいられるなら、どういう展開だって幸せ。心中エンドとか好きなタイプですwww

◆サイドストーリー◆

こはる泳げないんかよ!!!!!!!!!!テンプレ通りだな!!!!w
というわけで、もっともっと水の中でも千里と一緒に居たいこはるは、内緒で泳ぎの特訓を始めました。
どうしても内緒(サプライズ)にしたくて、『今日は一緒にいられますよね?』という誘いを全部断ってしまいます。
もうねストレートに聞いてくる千里くん可愛すぎ愛しすぎwww

あからさまなこはるが気になる千里、着けていくと夏彦や正宗と一緒にいるところを目撃!
実は二人に泳ぎを教わっていたのでした。

そんなこととは知らない千里、『どうして避けるんですか?!』と詰め寄ります。
千里の勢いに負けたこはるは、『千里くんともっと一緒にいたいから、泳ぎを教えてもらっていた』と告白。
全て自分を想ってのことだと分かり、安心した千里は泳ぎを教えてくれると言いました。

まずは、水に親しむところから・・・
って、すごーく丁寧な千里くん萌え!!!丁寧過ぎキュンキュンしちゃうよ///
初日は水に入らず終えようとしましたが、ふと『千里くんと同じ景色が見たい』と言ったこはるに・・・

47243600.jpg
能力で水の中を見せてくれました。

とても綺麗!
これが千里くんがいつも見ている水中なんですね(^^)
ふと思ったんだけど、ゴーグル無しで目開けると、ぼやけませんか?
千里くんは・・・クリアに見える?
・・・水の能力者だから?よくわからんけど、羨ましい( >o<)!

あとこはるちゃんは千里くんと潜りたいって言ってたけど
潜ってる時って髪の毛オバケみたいにバサバサしたり、鼻の穴に気泡が付いて間抜け面になる可能性もあるから私は好きな人には絶対見られたくないです←

このお話よかったな♪
千里くんがストレートに嫉妬してくれるし、水大好きなので背景見てるだけでも癒されました。
ヒヨコさんが作ってくれた水着がスクール水着だった辺りは噴きましたw
なんだかこはるらしい。着られるなんて羨ましいわwww
私が着たら完全コスプレですからね\(^o^)/!

水着姿の千里くん見てるとね~
可愛いとか萌えとかよりも、引きこもりなのに肉たるんでない!って辺りが気になって気になってw

♡ ランキング参加中 ♡

非公開コメント

  

♡ Twitter ♡


気軽にフォロー
してくださいな˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。