♡ Welcome ♡

Author:みゅ
CDやゲームの感想・グッズ紹介等々...
乙女向け記事専用ブログ。
* * *
プロフ絵 ⇒ 作*まめ様
* * *

*注意*
『ネタバレ記事が満載です』
◆感想は全て内容・スチル等のネタバレです。
◆その他記事もネタバレを含む場合が御座いますので、ネタバレNGな方は閲覧を控える事をお勧め致します。
◆絵文字や顔文字『w』等も使用しております。

ちなみに各主人公は高確率でデフォルト名表記してます。
以上をご了承の上、お楽しみ下さいませ(*'∀'人)♥*+

♡ Visitors ♡

♡ New ♡

♡ Category ♡

♡ Monthly ♡

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♡ ランキング参加中 ♡

DIABOLIK LOVERS DARK FATE 無神アズサ 感想

Category : DARK FATE
わー前回のダクフェ感想から2ヶ月も経っちゃってます!
そんなにサボってたか~。

今回で6人目。折り返し地点ですね。
ついにきました我らが天使!


Route 無神アズサ 感想
攻略◆6人目



今回のアズサきゅんは!

傷がお友達じゃないっていう盛大なキャラ崩壊w!
マジで傷の『き』の字も出てきません。
モアブラであんだけ『傷つけて~』って迫って来た人は誰だったのか。

ヴァンパイアハンター(ユイちゃん父)の弾丸を受けた状態からのスタートです。
モアブラやってないと何がなんだかわかりませんね!
私も経緯は忘れましたが(爆
とにかく!弾丸受けたんだったね!うん!

そんな状態で月浪兄弟に捕まってしまったユイちゃんとアズサきゅん。
ここで起きたあれこれに、アズサきゅん新たな感情がうまれます。


それは・・・・・・ 嫉 妬 !!

えええええええええええええええええええええええええ(;´༎ຶД༎ຶ`)

私の知ってるアズサきゅんじゃない!!!!!
私の記憶では、ユイちゃんが他のヴァンパイアに血を吸われたり傷つけられたりしても『いいなぁ・・・俺も傷つけて・・・?』とか言う人だったよw!?
ディアラバ界一嫉妬とは無縁の子だと思ってたのに!!!!!!!!

とにかくアズサきゅん、激しい。
ちょっとした事で嫉妬嫉妬嫉妬嫉妬・・・・・・・・・。
『駄目な俺より・・・あの人の方がいいんでしょ・・・?』ってしつこいしつこい!ライト君もびっくりの粘着っぷりw!!

前作よりヤンデレらしいです。


そんなヤンデレあずさきゅんは波乱万丈でした。

月浪兄弟に捕まり、嫉妬と無力感を知り。兄弟の元へ戻ると、壊死が進行している左腕を切断され。益々無力感に陥り、カルラに力を貰う為に兄弟全員をナイフで刺し。結果、肝心のユイちゃんを月浪兄弟に連れ去られ。なんとか救出し、ようやく平穏・・・かと思ったらルキに仲を引き裂かれかける。

最後オイ!って感じだよw
この人兄弟ルートではこういう役割なのか・・・?
自分ルートでは自分で仲を引き裂こうとするし。
このパターン来た時、『出たー!るっきー!ww』って思っちゃいましたよ。

でもるっきーのそれは、アズサの幸せを想っての事。
絶対にアダムにはなれない(と思い込んでいる)アズサとユイちゃんが一緒にいても、お互い苦しむだけだと思っての判断なのでした。



片腕だけで作ってくれたオルゴールのプレゼント。
アズサきゅんまじ天使・・・・・・💛
この子には本当幸せになってほしい。



そうそう。
アズサきゅんは『自分は弱い』って思ってるけど、私はむしろ強い人だと思います。

戦力的にはよわっちょろいです。
でも、心は強いと思います。

私が見てきた人たちの中で、終始自分の『好き』って気持ちを疑わなかったのは、アズサだけだもん。
何があってもブレなかったもん。

壁に直面した時
何かしら理由をつけて『一緒にいちゃいけないんだ』って思い込んだり、『出会わなければ(好きにならなければ)良かった』って思ったり、しちゃうと思うんだよね。
アズサはそれがないよね。
ただ一途にユイちゃんが好きで、一緒にいたい!って、思ってる。
それってめちゃくちゃ凄いと思う。

意外と前向きって誰かが言ってたのも、その通りだと思うし。
良いところちゃんとあるんだよ└('ω')┘

さて。
波乱万丈を切り抜け、廃墟に身を寄せた二人。
その頃丁度、始祖一族vsヴァンパイア一族の戦いが始まり・・・
エンドへとつながっていきます。


◆ブルートエンド◆

戦場と化している兄弟のいる城へ戻って来た二人。
応戦するのかと思いきや、一面に油をまき始めるアズサ。
『邪魔者はいらない。これで一気に炎が広がって皆殺してくれる』と、狂ってしまった様子。

ユイちゃんは兄弟を助けに行こうと炎へ飛び込みます。
『このままじゃ彼女が死んでしまう・・・』と途方に暮れるアズサ。シン君に見つかり、殺されていまいました。
その後辛うじてシン君に助けられたユイちゃんも、全身大火傷で息をするのがやっとな状態。
月浪の牢獄へ閉じ込められますが、あまりに酷い状態に誰も寄り付かなくなり、忘れられたまま死んでいくのでした・・・。

誰も報われない。

◆マンサーヴァントエンド◆

戦いのどさくさに紛れて逃亡した二人。
ヴァンパイア一族は負け、始祖による『徹底したヴァンパイア狩り』が始まりました。
しばらくして兄弟や逆巻兄弟達も狩られたと、風の噂で耳にします。

『始祖に殺される時が来たら、お互いを刺して死のう』

二人は約束します。
そしてついにもう逃げられないと悟り、それを決行する日がやってきました。


『君に、こうしてもらえて、俺は、幸せだよ。イブ、永遠に君を・・・愛しているよ』
『アズサくん、愛してる。誰よりも。世界よりも』

『これ、で・・・おわ、り・・・。イブ・・・っ。あい、してる・・・』


ヴヴヴヴヴヴヴ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
せづない”・・・ひいいいい。゚(゚´Д`゚)゚。

◆ヴァンパイアエンド◆

兄弟を助けに行く途中、足を滑らせて崖から落ちそうになったユイちゃん。
それを助けるアズサ君ですが、途中でシン君に見つかってしまいます。
シン君の攻撃を受けて二人の手が離れ、ユイちゃんは崖の下に・・・。

怒ったアズサ君は覚醒し、シン君を叩き潰しました。
怒りの収まらないアズサ君は更に始祖に攻撃をします。
それを見たカルラは一旦撤退することを決めたのでした。

全身に傷を負い、目を覚まさないユイちゃん。
それを見守るアズサ。
そんな時、カールハインツが現れました。
アズサはカールハインツに『彼女を助けて』と言いますが、『彼女はヴァンパイア化させる事が出来ないから助けられない』とカールハインツ。
『それなら今ここで俺を殺して欲しい』と言うアズサ。『そこまでの覚悟があるのなら・・・』と呟くカールハインツ。

場面が変わってカールハインツの部屋。
結局命は奪わず、二人はエデンに居る的なことを言います。


目を覚ましたユイちゃんと、それを喜ぶアズサ。
永遠に二人だけのこの場所で、永遠に幸せが続くのだろうと感じる二人でした。

うーん・・・・
意味がよくわからない(๑ Ŏ∀Ŏ)
何でエデンにいるの?本当に生きてる・・・?
スチルは最高です!アズサきゅん可愛い!!!こんな笑顔出来るようになったのね!!!!!!

◆最終感想◆

そういえばアズサは『そうでしょ。そうだよね』が口癖だった気がしますが、一度も言ってなかったなー。
傷も愛でてないし、言う程弱気でもないし、本当盛大にキャラ崩壊でしたw

暇さえあればチュッチュしてるし、『好き』『愛してる』って言うし、素直ストレートすぎる。
シン君に『二人の世界作らないでよ』って二回ほど言われてたのには笑いました。

好みのエンドは、マンサーヴァント>ヴァンパイア>ブルート。

ヴァンパイアエンドはモアブラの方が良かったな。
それでもね、やっぱりアズサきゅんまじ天使。

♡ ランキング参加中 ♡

非公開コメント

  

♡ Twitter ♡


気軽にフォロー
してくださいな˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。